2012年05月31日

スイカズラ

120531_1.jpg

スイカズラ(吸葛)は
全国の山野や道端などに生える常緑のツル性植物です。
冬でも葉が落ちないことから忍冬(ニンドウ)とも呼ばれています。
花は枝の上部の葉の腋から2つ並んで付きます。
花の大きさは3〜4cmほどで
上の花びらは4裂し、下の花びらは細く反り返って咲きます。

120531_2.jpg

花の色が最初は白く、やがて黄色になることから
キンギンカ(金銀花)という別名もあります。

120531_3.jpg


120531_4.jpg

スイカズラ科 花期5月〜6月




posted by らん at 17:11| Comment(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月30日

トベラ

120530_1.jpg

トベラは
本州〜九州の海岸などに自生する常緑低木で
公園や庭園などに植えられているのをよく見かけます。
高さは2〜3mほど
葉は楕円形で光沢があり、外側に反り返っています。
葉は互生していますが、枝の先に集まっているので
輪生しているように見えます。
雌雄異株で、枝の先に白い花が多数集まって咲きます。
白い花は後には黄色くなってきます。

120530_2.jpg

丸い果実は秋に熟し、3つに割れて中から赤い実が出てきます。

120530_3.jpg


120530_4.jpg

トベラ科 花期4月〜5月
posted by らん at 16:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月29日

アカツメクサ

120529_1.jpg

アカツメクサ(赤詰草)
別名・ムラサキツメクサ
ヨーロッパ原産で野原などに生える多年草です。
高さは20〜60cmほどで
葉や茎には、細かい毛が生えています。
赤色の小さな花が集まって丸くなって咲いています。

120529_2.jpg

赤色系のシロツメクサのような気がしますが
シロツメクサと違って
アカツメクサは花のすぐ下に葉があります。

120529_3.jpg


120529_4.jpg

マメ科 花期5月〜10月
posted by らん at 16:38| Comment(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月28日

スカシタゴボウ

120528_1.jpg

スカシタゴボウ(透田牛蒡)は
北海道〜九州の水田や湿った畑などに生える2年草です。
高さ35〜50cm
葉は変異が大きく、切れ込みの深さも様々ですが
基部は茎を抱いています。
枝先に黄色い小さな花を咲かせます。
果実は長さ5〜6mmほどの長楕円形です。
イヌガラシとよく似ていますが
イヌガラシの果実は1〜2cmとスカシタゴボウよりも長く
スカシタゴボウの花はイヌガラシよりも小さいことで見分けることが出来ます。

120528_2.jpg

アブラナ科 花期4月〜10月
posted by らん at 16:00| Comment(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月27日

ニワゼキショウと・・・

120527_2.jpg

ニワゼキショウ(庭石菖)とコメツブツメクサ(米粒詰草)と
名前がわからない細かい野草




120527_3.jpg

セッカニワゼキショウ(雪花庭石菖)とヒメコバンソウ(姫小判草)





120527_1.jpg

コメツブツメクサ(米粒詰草)とニワゼキショウ(庭石菖)
posted by らん at 16:53| Comment(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月26日

ノゲイヌムギ

120526_4.jpg

ノゲイヌムギは
南アメリカ原産の帰化植物で
日本全国の道端や荒地に生える多年草です。
葉は細長く、高さは60〜120cmほどになります。
細い花序は垂れ下がり、小穂を付けます。
小穂は扁平で、長さ4〜5mmの芒(のぎ)がありますが
ほとんど目立ちません。

120526_5.jpg

イヌムギとよく似ていますが
ノゲイヌムギは小花から黄色いオシベの葯が出ていることで
見分けることが出来ます。

120526_6.jpg

イネ科 花期4月〜7月
posted by らん at 16:00| Comment(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カモジグサ

120526_1.jpg

カモジグサは
日本全国の道端や空き地に生える多年草です。
葉は細長く、高さは40〜120cmほどになります。
穂状になった細い花序は垂れ下がり、小穂が2裂に並んでいます。
小穂は紫色を帯びており、長い芒があります。

120526_2.jpg

何処にでも生えている野草なので、何処でも見かけるのですが
今回、写真に撮ることによって、やっと名前が分かりました。

120526_3.jpg

イネ科 花期5月〜7月

posted by らん at 16:00| Comment(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月25日

ケキツネノボタン

120525_1.jpg

ケキツネノボタンは
本州〜沖縄の田畑や湿地に生える多年草です。
高さ40〜60cmほどで
茎やガクには細かい毛が生えています。
葉は3出複葉で縁には鋸歯があり、先が細くなっています。
花は1.5cmほどの大きさで黄色、花びらは5枚です。
実は金平糖のような形をしています。

120525_2.jpg

よく似た花に「キツネノボタン」がありますが
ケキツネノボタンは毛が多く生えていることや
小葉の幅が狭いことで区別することが出来ます。

120525_3.jpg

キンポウゲ科 花期3月〜7月

posted by らん at 16:00| Comment(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月24日

カンサイタンポポ

120524_6.jpg

カンサイタンポポは
在来種のタンポポで西日本に多く生えています。
総苞片が反り返らないことでセイヨウタンポポと見分けることが出来ます。
花は春に咲きます。

120524_7.jpg


120524_8.jpg




下の写真のタンポポもニホンタンポポだと思うのですが
総苞片の様子がカンサイタンポポと少し違うような気がします。
ネットの中で検索しても、名前を特定できませんでした。

120524_9.jpg


120524_10.jpg

キク科 3月〜5月
posted by らん at 16:24| Comment(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セイヨウタンポポ

120524_1.jpg

セイヨウタンポポは
ヨーロッパ原産の帰化植物です。
全国の荒地や道端に生えており
ほぼ一年中、花を見ることができます。
ニホンタンポポとの違いは
外総苞片が蕾の時から反り返っていることです。

120524_2.jpg


120524_3.jpg

日本では在来種のニホンタンポポよりも
外来種のセイヨウタンポポのほうが多く見られますが
外来種と在来種との交雑種も多いようです。

120524_4.jpg


120524_5.jpg

キク科

posted by らん at 16:06| Comment(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする