2014年07月31日

クサフジ

140731_1.jpg

クサフジは
北海道〜九州の野原や河原などに生えるツル性の多年草です。
茎は角張っており、長さが150cmほどになります。
葉は、小さくて細長い小葉が18〜24枚ついており
先は枝分かれして巻きひげとなっています。
花は青紫色の蝶形花で、総状花序に多数咲かせます。

140731_2.jpg




140731_3.jpg




140731_4.jpg

マメ科 花期5月〜9月
posted by らん at 16:00| Comment(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月30日

毒ウツギ

140730_1.jpg

毒ウツギは
北海道〜本州・近畿以北の山野や川原に生える落葉低木です。
茎葉、果実、すべて猛毒を持っており
トリカブト、ドクゼリと並んで日本三大有毒植物の一つといわれています。
小枝は四角形をしており、新しい枝は赤味を帯びています。
葉は長い卵形で先が尖っており、3本の脈が目立っています。
葉柄はなく対生しています。
実は赤色から黒紫色に熟します。
実は甘味があり、間違って食べてしまう事故も起こっているので
注意が必要です。

140730_2.jpg

この木には
『 危険!! 毒ウツギ 』 という札が付いていました。

140730_3.jpg

ドクウツギ科
posted by らん at 16:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月29日

ヤマユリ

140729_1.jpg

ヤマユリ(山百合)は
東北地方〜近畿地方の山野に生える日本特産の百合です。
高さは1〜2mほど
葉は長楕円形で先が細くなっており、対生しています。
茎の先に大きくて良い香りのする花を、1輪から10数輪ほど咲かせます。
花は大きさ20〜25cmほど
白色で黄色いスジが入っており、赤褐色の斑点が多くあります。

140729_2.jpg




140729_3.jpg




140729_4.jpg

ユリ科 花期7月〜8月
posted by らん at 16:00| Comment(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月28日

バライチゴの実

140728_1.jpg

春に花を咲かせていたバライチゴに
赤い実が成っていました。
食べると、甘酸っぱい味がするそうです。

140728_2.jpg




140728_3.jpg

バラ科
posted by らん at 16:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月27日

タケニグサ

140727_1.jpg

タケニグサは
本州〜九州の山地や草地などに生える多年草です。
高さ1〜2mほど
茎は長く伸び、中空で竹に似ていることから
タケニグサという名前が付きました。
葉は掌状で長い柄があり、粉白色を帯びています。
花茎に細い糸のような、白色の小さな花を多数付けます。
花には花弁がなく、ガク片が2個でオシベが多数あります。
茎に付いている白色の蕾のほうが、花よりも目立っています。

140727_2.jpg




140727_3.jpg




140727_4.jpg

ケシ科 花期6月〜8月
posted by らん at 20:24| Comment(0) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月26日

シロミノコムラサキ

140726_1.jpg

シロミノコムラサキ(白実の小紫)は
コムラサキの変種で白い実を付けます。
高さ1〜2mほどの落葉低木で、枝が細くて垂れるように伸びていきます。
コムラサキと同じように葉は長楕円形で、葉の縁の3分の2ほどに鋸歯があります。
花の色も白く、長いシベが目立っています。

140726_2.jpg

別名を白玉小式部(シラタマコシキブ)といいます。
シロシキブ(白式部)という名前でも呼ばれていますが
シロシキブはムラサキシキブの変種の白実種のことを指すようです。

140726_3.jpg

クマツヅラ科 花期6月〜7月
posted by らん at 16:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月25日

コムラサキ

140725_1.jpg

コムラサキ(小紫)は
高さ2mほどの落葉低木で
庭木などに利用されています。
枝は紫褐色をしており、若い枝には細かい毛が生えています。
葉は卵状楕円形で先が細くなっており、縁の3分の2ほどに鋸歯があります。
葉の腋から枝を出して、薄紫色の小さな花をたくさん咲かせます。
花は根元に近い方から順に開花していき、緑色の実も出来ていきます。
ムラサキシキブよりも小さな木ですが
実はムラサキシキブよりも多く付きます。

140725_2.jpg




140725_3.jpg




140725_4.jpg

クマツヅラ科 花期6月〜8月
posted by らん at 16:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月24日

センニチコウ

140724_1.jpg

センニチコウ(千日紅)は
熱帯アメリカ原産の一年草です。
高さは20〜60cmほど
葉は長楕円形で、細かい毛が生えています。
茎はよく枝分かれして、大きさ2cmほどの球状の花を咲かせます。
花のように見えるのは苞で、その中に見える黄色い小さなものが花です。
苞の色は白色の他に、桃色や紫紅色があります。
苞はカサカサとした質感で、乾いても色が褪せないので
ドライフラワーに利用されます。

140724_2.jpg




140724_4.jpg

ヒユ科 花期7月〜11月
posted by らん at 17:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月23日

ハマボウ

140723_1.jpg

ハマボウは
本州・関東以西〜九州の海岸や河口に生える落葉低木です。
高さ3〜5mほど
葉は厚く、円形で先が尖っており、縁には細かい鋸歯があります。
葉の両面には細かい毛が生えていますが
裏側は密生しているので、灰白色に見えます。
花の大きさは5〜8cmほど、黄色で真ん中は紅色になっています。
花びらは5枚で、らせん状に並んでいます。
朝開いて夕方に閉じる一日花ですが
次々と咲いてくれるので長く楽しむことができます。

140723_2.jpg




140723_3.jpg

アオイ科 花期7月〜8月
posted by らん at 16:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月22日

キバナミソハギ

140722_2.jpg

キバナミソハギは
ブラジル、ウルグアイ原産の落葉小低木です。
高さは1mほど
葉は細長い楕円形で対生しています。
葉の腋に花弁6枚の小さな黄色い花を咲かせます。
ミソハギに似て黄色い花を咲かせることから
「キバナミソハギ」という名前が付きましたが
花はミソハギほど多くは咲きません。

140722_1.jpg




140722_3.jpg




140722_4.jpg

ミソハギ科 花期6月〜7月
posted by らん at 16:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする