2014年07月13日

ルドベキア・ヒルタ・アイリッシュアイズ

140713_1.jpg

ルドベキア・ヒルタの園芸品種で
花の真ん中が緑色をしており
背が高くなります。

140713_2.jpg




140713_3.jpg




140713_4.jpg

キク科
posted by らん at 16:00| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
かなり前のエントリーにコメントするので気付いてもらえるか疑問ですが。
その写真、オオハンゴンソウ(Rudbeckia laciniata)あるいは、その交雑種ヘルプストゾンネである可能性が大です。
ルドベキア・ヒルタは頭状花が一般的に暗褐色ですが、アイリッシュアイズは頭状花が緑色になります。一方背は他のヒルタと同様60~70cmほどでそれほど高くはなりません。
掲載の写真も頭状花は緑色ですがそれはオオハンゴンソウそのものの特徴で、頭状花が花弁からかなり突き出ていること、背が高いという記述からもどちらかの2種と推定できます。
詳しく知りたいときは「Rudbeckia laciniata」「Rudbeckia Herbstsonne」「Rudbeckia hirta」「Rudbeckia hirta Irish Eyes」などのキーワードで画像検索していただくとご納得いただけるかと存じます。
Posted by 雑草好き at 2017年07月14日 10:00
★雑草好きさん

返事が遅くなって申し訳ありません。

雑草好きさんの言われる通り
この花は「オオハンゴンソウ」のような気がします。

本来なら記事を訂正しなければいけないのですが
3年前の書き込みでもあるので
このままにしておいて
このコメントで訂正させていただきます。

詳しく教えてくださり
ありがとうございました。


Posted by らん at 2017年07月17日 22:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]