2014年07月26日

シロミノコムラサキ

140726_1.jpg

シロミノコムラサキ(白実の小紫)は
コムラサキの変種で白い実を付けます。
高さ1〜2mほどの落葉低木で、枝が細くて垂れるように伸びていきます。
コムラサキと同じように葉は長楕円形で、葉の縁の3分の2ほどに鋸歯があります。
花の色も白く、長いシベが目立っています。

140726_2.jpg

別名を白玉小式部(シラタマコシキブ)といいます。
シロシキブ(白式部)という名前でも呼ばれていますが
シロシキブはムラサキシキブの変種の白実種のことを指すようです。

140726_3.jpg

クマツヅラ科 花期6月〜7月
posted by らん at 16:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]