2015年10月23日

ナギナタコウジュ

151023_1.jpg

ナギナタコウジュは
山地や道端などに生える一年草です。
草丈は30〜60cmほどで、茎には細かい毛が生えています。
茎の先に花穂をつけて、薄紫色の小さな花を穂の片側だけに付けます。
この花の様子が薙刀(なぎなた)のように見えることから
ナギナタコウジュという名前が付けられました。

151023_2.jpg






151023_3.jpg






151023_4.jpg

シソ科 花期9月〜10月
posted by らん at 16:00| Comment(2) | 野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
久しぶりに来ました。

沢山の花をユックリ見ました、
花の名前の付け方 素敵ですね。

ミカエリソウ最近は目が悪くなったので、木陰だったら気が付かず振り返る事が出来ないかも・・・

服についてくる草も、アメリカセンダンソウと言うのですね。

ネムノキは大木なのにピンクの可憐な花で好きです。その花に似たので、小さい物もあるのですね。植木鉢用のが欲しいです。

またウットリしに来ます。
Posted by あさえ at 2015年10月24日 20:39
★あさえさん

花の名前って、面白いですね(*^_^*)

ナギナタコウジュも
この花がナギナタに見えるということが、面白いです。

庭に植えた木は、確かに大きくなりすぎて困ることも多いです(^_^;)

植木鉢に植えるのが良いかもしれませんね。
Posted by らん at 2015年10月25日 17:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]